ホーム

日本史学教室共同主催シンポジウムのご案内

近世大坂〈史料と社会〉円座

吉野五運をめぐる全体史

 

大阪市立大学文学研究科日本史学教室が所蔵する近世古文書「吉野五運文書」は、大坂の鰻谷で合薬屋(薬種を調合して小売する商人)を営んだ吉野五運に関する古文書です。吉野五運は、全国各地に取次所を設けて「人参三臓圓」を売り広めた有力商人で、狂言作者・浜松歌国や絵師・伊藤若冲を支えるなど、近世大坂を代表する文人としても知られています。この吉野五運に関する古文書として、東京大学史料編纂所所蔵『吉野五運店日記』などが現存しますが、市大文学研究科日本史学教室でも2016年に新出史料356点を古書店から購入し、それらの整理・分析を続けてきました。

今回のシンポジウムでは、日本史学教室において調査・研究が進められている「吉野五運文書」の内容を紹介するとともに、大店・吉野五運の「家」のあり様や、近世大坂における調合薬種の流通・販売の構造から近世大坂の都市社会構造に迫ります。

 

日時: 2021年9月20日(月・休日) 13:30~17:00

開催方法: Zoomを用いたオンライン開催

 

報告:塚田孝(大阪市立大学名誉教授)

         「吉野五運の家と都市社会」   

   渡辺祥子(都市・周縁〈史料と社会〉科研・研究補佐)

   「吉野五運の取引先の史料と社会」   

参加をご希望の方は、9月18日(土)までに以下の事務局メールアドレスへ参加をお申し込みください。シンポジウム前日にZoomのURLとレジュメをメールで送信いたします。

kinnseiosakakennkyuukai★gmail.com (★は@に変換してください)

 

主催:三都研究会〔科学研究費・基盤研究A「近世巨大都市・三都の複合的社会構造とその世界史的位置―〈史料と社会〉の視点から―」〕/大阪市立大学大学院文学研究科日本史学教室(2021年度文学研究科プロジェクト推進研究「大学所蔵の歴史資料を基盤とした大阪の歴史・文化研究拠点構築」)

共催:近世大坂研究会

後援:大阪市立大学大学院文学研究科都市文化研究センター(UCRC)

連絡先:〒558-8585大阪市住吉区杉本3-3-138

大阪市立大学大学院文学研究科 齊藤紘子研究室

 


大学院進学を希望しているみなさんへ

2021.6.7

大阪市立大学大学院文学研究科では、2021年9月1日(水)・2日(木)に2022年度前期博士課程入学者選抜試験を予定しています。大阪公立大学(仮称)が2022年4月開学に向けて認可申請中ですが、この期間の学生募集は、大阪市立大学文学研究科として行います。一般選抜入試のほか、社会人特別選抜、外国人留学生特別選抜があります。進学後は長期履修制度も用意されています。

 

試験時間や願書の提出期間など、詳細については、必ず本学HP入試情報の「大学院入試」に関するページを確認してください(入試情報 — 大阪市立大学 (osaka-cu.ac.jp) )。

 

なお、出願しようとする方は、出願前に、希望する研究指導教員に必ず相談してください。事前相談がない場合、出願が認められない可能性があります。また、事前相談は教員の出張等の都合により出願に間に合わない場合がありますので、余裕を持って(原則として出願期間初日7月19日(月)までに)連絡してください。事前相談は、Zoom等のオンラインツールを用いて実施する場合もあります。

 

事前相談の予約は、それぞれの教員に対して、電子メールでお申し込みください。できるだけ早く返信、対応するようにします。

考古学:岸本直文      kishimoton★osaka-cu.ac.jp

古代史:磐下 徹      iwashita★osaka-cu.ac.jp

中世史:仁木 宏  niki★osaka-cu.ac.jp

近世史:齊藤紘子      saito★osaka-cu.ac.jp

近現代史:佐賀 朝      a-saga★osaka-cu.ac.jp

(※上記の★マークは@マークに変えてください)

 

なお、本HPには、研究室や各教員の紹介なども載せていますので、そちらもぜひご参照ください。

 


大阪市立大学日本史学会

第23回 大会・総会のお知らせ

2021.4.23

 

下記の要領で、大阪市立大学日本史学会の大会・総会を実施いたします。

第23回大会・総会は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためZoom形式にて実施します。

当初は、学内の皆様には対面参加していただけるよう準備しておりましたが、新型コロナの感染拡大が続いているため、全員にZoomでのご参加をお願いすることとなりました。何卒ご理解ください。

大会内容や参加方法につきましては、以下をご覧ください。

なお、非会員の方で、大会への参加を希望される場合は、「iwashita◇osaka-cu.ac.jp」(◇は@におきかえてください)までご連絡ください。

ただし、状況によってはご参加いただけない場合もありますので、その点はご了承ください。

 

■日時・場所

日 時  2021515日(土) 13:0017:30

Zoom形式にて開催

シンポジウム「比較中世文書論の構築をめざして」(13:00~14:30頃)

■報  告 高橋一樹氏(明治大学)

「日欧比較中世文書研究の実践と論点 ―モノと場の共有をとおして―」

《概要》河音能平氏が追究された比較史料論の段階から一歩進め、比較文書論の構築を試みる。(1)「文書」の概念、(2)公文書と私文書(公証の問題を含む)、(3)書簡(書状)の3点を取り上げ、日本中世を中心とした具体例に即して、西洋史側の研究をも参照しつつ問題提起を行う。もっとも力点を置きたいのは(3)で、日本と西洋では「書簡」といってもかなり異なり、この側面から、文書を比較することの意義を明らかにしたい。

■コメント 向井伸哉氏(大阪市立大学・中世フランス史)

■司  会 仁木 宏氏(大阪市立大学)

■大阪市立大学日本史学会2020年度 総会(14:45~15:20頃)

*前後に休憩あり

■研究報告(15:30~17:30頃)

報 告① 濵道孝尚氏(大阪市立大学)

             「古代下級官人氏族の編成」

報 告② 吉元加奈美氏(京都精華大学)

             「近世大坂道頓堀の茶屋赦免地(仮)」


参加方法

 

今年度の総会・大会(5月15日(土))は、新型コロナウイルス感染症の流行状況に鑑みZoom形式にて開催いたします。

Zoomによる参加方法は下記のとおりです。

①5月7日(金)までに、「大阪市立大学 日本史研究室」ホームページに「総会・大会特設ページ」を開設いたします。

②「総会・大会特設ページ」に進むにはパスワード認証が必要です。

→会員の皆様にはお手元に送付した大会案内にパスワードを記載しております

非会員で参加を希望される場合は「iwashita◇osaka-cu.ac.jp」(◇は@におきかえてくださ

い)にご連絡ください

*ただし状況によってはご参加いただけないこともあり得ますのでご了承ください

③「総会・大会特設ページ」に、総会・大会に参加するためのZoomのURLを掲示いたします。当日は時間になりましたらこちらよりご参加ください。

④5月12日(水)までに「総会・大会特設ページ」で、総会・大会資料を入手していただけるようにいたしますので、各自でご用意ください。

ご不明の点がありましたら、「iwashita◇osaka-cu.ac.jp」(◇は@におきかえてください)までお問い合わせください。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

大阪市立大学日本史学会

 


 大阪市立大学には、文学部に日本史コースが、大学院文学研究科に日本史学専修があり、多くの学部生・大学院生が、5人の教員とともに日本史を学んでいます。この全体を「日本史研究室」とよんでいます。そして、教員・大学院生・学生それぞれが自分の研究テーマに取り組みながら、和泉市合同調査や市大日本史学会をはじめとする研究室全体の活動、さらに考古・古代史・中世史・近世史・近現代史それぞれの研究会や勉強会、あるいは調査研究活動を展開しています。

 このサイトでは、大阪市大文学部への進学を考えている高校生のみなさんや、文学研究科への進学を考えている他大学も含めた学生・院生のみなさん、あるいは日本史研究や大阪研究に興味をもつすべての皆さんに、日本史研究室の概要と活動内容を紹介します。

各ページの内容は以下の通りです。

研究室紹介
日本史研究室について説明しています。

所属教員の紹介
日本史研究室の教員の業績、担当授業一覧や内容を紹介しています。

大学院生の紹介
大学院生の業績や、過去の卒業論文・修士論文・博士論文の題目を掲載しています。

合同調査について
日本史学教室が和泉市教育委員会や和泉市民の皆さんと協力して進めている合同調査について紹介します。

市大日本史学会
日本史研究室で運営している学会の紹介です。

市大日本史学会大会ページはこちら

大学院入試情報
大学院入試の情報。文学研究科本体のサイトとあわせてご覧ください。

新規情報

後期集中講義
2020年12月26日(火)・27日(水)、2021年1月5日(火)・6日(水)に、武庫川女子大学の古野貢教授に集中講義(日本史特講Ⅰ)をいただきました。
塚田孝先生最終講義

2020年10月17日(土)に、塚田孝先生の最終講義「私の歴史研究―大阪市大での日々を振り返って―」を開催しました。

卒論中間報告会
2020年11月6日(金)に実施し、5人が報告しました。
2020年度後期の授業が始まりました
9月大学院入試
2020年9月1・2日に大学院入試(前期博士課程)を実施しました。