4
9月

大阪市立大学フランス文学会 2014年9月研究会

   Ecrit par : admin   et classé dans イヴェント, 学会

大阪市立大学フランス文学会を下記のとおり開催します。
今回は、ことし3月にご逝去になった本学名誉教授・道宗照夫先生の追悼の会を兼ねております。
—–
日時:2014年9月14日(日)
14h30- 道宗先生追悼の会
15h00- 研究発表会
於:大阪市立大学1号館126教室
—–
研究発表要旨

1. 福島祥行
「協働学習における学習者の自律性生成――相互行為分析による理論化のこころみ――」

「教えから学びへ」のトレンドのもと、「学習者中心」は当然のこととなり、協働学習の実践もふえてきている。しかしながら、その実践をささえる理論的基盤は依然としてヴィゴツキーらにとどまり、学習者がいかに学んでいるかについて厳密に考察した研究は数少ない。本研究では、学習者たちの相互行為をマイクロ分析することにより、これまで指摘されてこなかった学習者のふるまいをあきらかにし、あらたな理論の提出をめざす。今回は、とりわけ「文法事項」がいかにして相互行為裡に学ばれているかを詳述する。

2. 津川廣行
「『新しき糧』にみる「進化」の問題――《来るべき神》の思想を中心に――」

 ジイドの『新しき糧』(1935年刊行) は、雑多な要素からなる統一性のない作品とみなされており、その評価は高くない。19年間のうちの様々な時期にかかれた文からなるこの作品は、『地の糧』風の抒情、『汝も亦』風の祈り、と同時にまた神の価値の切り下げ、青年マルクとの生活の喜び、幸福への賛歌、コミュニズムへの共感といった相矛盾するとさえ見えるような多くの様相を呈している。
 ところで、ジイドは、1916年、1921年そして1942年の『日記』で、発表者が《来るべき神》の思想と呼んでいるコスモゴニックな世界観について述べている。すなわち、?神は、人間を創ったとき、世界がどうなっていくのか見通してはいなかった。?中間段階では、人間こそが、神とともに歩むことによって、自らと神と世界を創りだして行く。?人類は、神自身にさえわからない目標を《神》として到着点へと突き進んでいく、とするものである。遅くとも1916年には始まっていたこの世界観は、『新しき糧』の執筆期間全体を覆っており、実際、作品中でも、これについての言及がなされている。
 この点から検討すると、『新しき糧』の根底をなすのは、人類の「進歩」あるいは「進化」である、と結論することができる。彼が「進化」に「進歩」の期待を込めえたのは、「自然」の調和への賛歌によってである。この観点からすれば、『新しき糧』の抒情も、神への祈りも、神の価値の切り下げも、コミュニズムへの共感も同根のものと見ることができる。自然への信頼と一緒になった人類の進化への期待、これが『新しき糧』の情熱をなす。

17
4月

2014年度フランス長期交換留学、短期研修募集開始

   Ecrit par : admin   et classé dans 留学・研修

長期交換留学(半年?1年、リヨン第3大学、セルジー・ポントワーズ大学)、短期研修(9/9-24、セルジー・ポントワーズ大学)参加者募集中。詳細は⇒コチラ

大阪市立大学フランス文学会研究発表会を下記のとおり開催いたします。 お忙しいところとは存じますが、ぜひともご出席くださいますようお願い申し上げます。

2013年9月28日(土)14時より

1号館126教室

1.青木幸美「『失われた時をもとめて』における自己摸作autopasticheと自由物語言説 récit libre        ――主人公のスタイル分析と習得の物語――」

2.津川廣行「ジイドの「デモン」にみる複雑系的世界(仮題)」

3.特別発表(博論報告)、有田豊「宗教改革以降のヴァルド派における集団意識――起源伝承によるその形成と保持――」

報告時間は1人40分(発表25分+質疑応答15分)です。 特別発表は、50分(発表30分+質疑応答20分)としておりますが、教室は18時まで使用可能ですので、活発な議論が交わせるよう質疑応答の時間等は適宜調整いたします。

また研究発表会終了後には、懇親会を予定しております。 お時間がございましたら、引き続きご参加ください。

 

大阪市立大学フランス文学会運営編集委員会

 

15
7月

巴里祭2013

   Ecrit par : admin   et classé dans イヴェント

ことしもやります、恒例、仏文巴里祭。

日時■2013年7月16日 12:10- vin 尽きるまで

場所■田中記念館展示室(17h以降、L336)

巴里祭2012

11
5月

仏文指導教員2013

   Ecrit par : admin   et classé dans 教務

今年度の主担当・副担当指導教員は下記のように決まりました。各自、連絡をとって、指導をあおいでください。

卒論

井内(他者とコミュニケーション)……福島
井貝(ジョルジュ・サンドの田園小説にみるヒロイン像)……白田
小川(アルベール・カミュ『異邦人』)……津川
川崎(ゴシック教会に見られる中世フランスの精神と社会)……福島
西舘(エドゥアール・マネ)……白田
山川(日仏ツーリズム比較)……福島
青木(フランスの広告表現と日本の広告表現の傾向の分析・比較)……福島
熊野(クロード・ドビュッシーと印象主義)……津川

修論

来見(ギヨーム・アポリネールと彫刻の関係分析)……津川(主)・福島(副)
中村(Mariage pour tous における性的少数者を表象する言語使用の研究)……福島(主)・津川(副)
大志茂(ココ・シャネルと女性の社会進出)……福島(主)・高井(副)
畔堂(フランス映画)……福島(主)・津川(副)

博論

大山(言語学習の場における相互行為分析)……福島(主)・津川(副)

10
5月

セルジー・ポントワーズ大学短期言語文化研修2013

   Ecrit par : admin   et classé dans 留学・研修

ことしもフランス国立セルジー・ポントワーズ大学(パリ近郊)への短期研修生を募集しています。

日程2013/09-24

料金□35万程度(授業料、宿泊料、朝食代、飛行機代、燃油サーチャージをふくむ。レートの変動により変化することがあります)

引率□福島教授(フランス語圏言語文化領域)

申込〆切□5/8 5/20(月)

申込先■frn-info@lit.osaka-cu.ac.jp

ただいま、長期交換留学(6ヶ月以上1年以内。文学部・文学研究科学生のみ)と短期言語文化研修(半月。市大生全員対象)の参加者を募集しています。

なお、交換留学(リヨン第3大学、セルジー・ポントワーズ大学)および短期言語文化研修(セルジー・ポントワーズ大学)につ いての説明会を以下のとおり開催します。ご関心のむきはご参加ください。

日時:
5月1日(水)12:20-12:50
5月2日(木)12:20-12:50

場所:L336(仏文共同研究室)

募集要項:

11
3月

大阪市立大学フランス文学会研究発表会(2013/3/16)

   Ecrit par : etudiant   et classé dans 学会

リュテス研究会の発表要旨をお知らせ致します。

【研究発表】
1.「連結詞――経験則と推意を介しての実証的分析――」 / 川北(安生)恭子
言語現象そのものの実態を把握・検討するための従来の研究方法の問題点・反省点を踏まえた上で、 Lire la suite »

24
12月

フランス語圏言語文化領域紹介 Prezi

   Ecrit par : admin   et classé dans その他

公式のコースガイダンスで使用した、フランス語圏言語文化領域紹介 Prezi。

7
11月

大阪市立大学大学院文学研究科説明会

   Ecrit par : admin   et classé dans イヴェント, 教務

今年度二回目の説明会が、下記のとおり開催されます。

日時:2012年12月1日(土) 14:00-
場所:大阪市立大学杉本キャンパス1号館 124教室
内容:研究科長挨拶、研究科の概要と入試情報、大学院生からのメッセージ、研究科挙げての教育研究の取組、質疑応答、各専修個別説明会

なお、大学院入試は、2012年2月14日・15日に行われます(前期博士課程・後期博士課程)。
大学院の学生募集要項については、下記のページをご覧ください。
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/admissions/graduate/exam_general