Archive de 5月, 2009

大阪市立大学フランス文学会研究発表会を下記のとおり開催いたします。

時: 6月6日(土) 15:00より

於: 大阪市立大学法学部棟(11階)711C教室

1. 小栗栖 等 (和歌山大学)

「『ルイの戴冠』におけるギヨーム像」

『ルイの戴冠』が、政治的機関としての王権に対する絶対的な忠義を称揚するために、「極端な事例を提示」しているとするFrappier-1967の見解は、現在でも支配的である。無能な王ルイを支える臣下ギヨームは、「一門と、国王、そしてキリスト教世界のために、いつ何時も全身全霊を捧げる心づもりをした、忠実な騎士(Gauvard-2002)」であり、「ひたらすら主君への義務から、国王の敵と戦う(Flori-1995)」とされるのである。もちろん、こうした主張が正しいことは、『戴冠』がおかれた大きな文脈、物語系列を考慮した場合には、容易に納得される。だが、本作品を独立した物語として読み解いた場合には、話は別である。ギヨームの「献身と自己犠牲(devouement et abnegation, Frappier)」を掛け値なしに受け取ることはできない。実際、作品内に現れる一見不可解なギヨームの行動は、その政治的背景・思惑を考慮して初めて良く理解されるのである。したがって、「武勲詩の中で、最も政治的 (Hasenohr-Zink-1992)」だという『戴冠』に対する評価は二つの観点において妥当性をもつ。すなわち、王権の称揚という従来の観点と、政治権力の拮抗と均衡というもう一つの観点である。本発表では、そのことを作品解釈を通じて論証する。

2. 津川 廣行 (大阪市立大学)

「ジイドのリュディスム――「複雑系」の観点から――」

経済学、生物学、物理学、気象学、工学、また数学などにわたる学際的な学問領域として、現今、「複雑系」の科学が脚光をあびていることは、いまさら強調するまでもないであろう。ジイドが、とりわけ晩年のジイドが、おそらく、この「複雑系」の考え方につうずるような観点を得ていたのではないかという展望のもとに、そのごく小さな一例として、本発表では、とりわけ「リュディスム」(ludisme) という観点から、ジイドが、その「無償の行為」という《仮のレッテル》のもとに、実は、複雑系的なシステムを垣間見ていたのではないかとする。最後に、複雑系的なヴィジョンを得はしたものの彼はそれを表現する的確な用語をもたなかったのではないかとし、このギャップをもって、晩年のジイドの寡黙さの一理由であるとする。

3. 中條 健志 (大阪市立大学大学院後期博士課程)

「フランス「郊外」はどのように語られてきたか」

フランスで若者(jeunes)たちの行動が ? émeute ?、? révolte ?、? délinquance ? としてメディアで伝えられるとき、「郊外」(banlieue)という空間がその舞台として登場する。「事件」が起った場所はその度に明示され、それは特定の地域だけの場合もあれば、複数にまたがっていることもある。しかし、それらは一様に「郊外」での出来事として語られる傾向にある。
では、こうした意味でのフランス「郊外」は、どのようにして「社会問題」化してきたのだろうか。また、その過程にはどのような時代毎の変遷があるのだろうか。ここでは、フランス郊外の住宅団地(とりわけHLM)に人々が定住し始めた後の1960年代頃から今日までの、メディアにおける「郊外」の語りを検証する。

報告時間は1人30分(発表25分+質疑応答5分)です。

また、研究発表会終了後には懇親会を予定しております。お時間がございましたら引き続きご参加下さい。

25
5月

Déjeuner en français

   Ecrit par : prof   in イヴェント

Bonjour à tous !

Je propose aux étudiants de Doctorat, de Master et de Licence (qui veulent pratiquer leur français) de déjeuner ensemble de temps en temps.

  • Quand ? Les deuxième et quatrième vendredis de chaque mois.
  • À partir de quand ? Du vendredi 8 mai.
  • À quelle heure ? Vers 11:30.
  • Où ? Je ne sais pas, on verra ensemble.
  • Objectifs ? Parler français et… manger.

Les personnes intéressées peuvent donc venir le vendredi 8 mai dans mon bureau à 11:30 et on décidera ensemble du lieu.

A bientôt !

Emmanuel ANTIER

24
5月

映画会&読む会

   Ecrit par : etudiant   in イヴェント, 研究会・勉強会

フランス語圏映画を観る会(FEMK)

4月25日(月) 16:20-18:00@336教室

作品:『L’enfant endormi

詳細はリンク先か掲示中のチラシをご覧下さい◎

ル・モンドを読もう会

金曜5限に行われています。参加希望者は藤澤先生へメェルを(;アドレスは336教室向かいの壁に掲示中)。

7
5月

仏語論文講読会(通称TKの会)

   Ecrit par : etudiant   in 研究会・勉強会

使用テキスト Jean Rousset, Narcisse romancier, José Corti, 1973.

次回 2009年5月20日(水) 13:00 於・院生部屋

2
5月

フランス短期研修第2回説明会

   Ecrit par : admin   in 留学・研修

第2回目の説明会を開催いたします。申し込み〆切り(5/19)前最終となりますので、周囲にもご吹聴ください。

  • 日時 2009年5月15日(金)15:30-16:00
  • 場所 L336(仏文共同研究室)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

フランス国立セルジー・ポントワーズ大学期短期研修生募集要項(2009年度版)