Archive de la catégorie ‘イヴェント’

大阪市立大学フランス文学会の研究発表会を下記のとおり開催いたします。
多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

日時:2018年3月25日(日)15時より
場所:大阪市立大学杉本キャンパス 法学部棟11階711C教室

傳田久仁子「ChamとMusée Philipon―七月王政期におけるペローのパロディ作品―」
白田由樹「生命力の回復と応用芸術運動―ヴァン・デ・ヴェルデの原始性志向―」(仮)
原野葉子「戦争をよりよく殺すために―ボリス・ヴィアンと一般意味論―」

発表要旨:

傳田久仁子「ChamとMusée Philipon ―七月王政期におけるペローのパロディ作品―」
19世紀前半、特に七月王政期における「長靴をはいた猫」の受容を跡付ける試みの一つとして、Cham(1818-1879)によるパロディ作品を取り上げる。1839年の処女作の出版以降、第二帝政期にかけて活躍したカリカチュア作家であるChamは、『シャリヴァリ』などでも人気を博したにもかかわらず、ドーミエの二番手としての評価こそあれ、現在ではほとんど注目されていない作家といってもよい。しかしながら、10歳年長のドーミエと同じく1879年に亡くなった彼は、その作品が紙面を常に飾り続けた、時代の空気を伝える作家の一人であることは否定できないだろう。今回は彼が20代前半にかかわった仕事である『ミュゼ・フィリポン』でのペローの6作品のパロディを取り上げ、その特徴をみていくことにしたい。

白田由樹「生命力の回復と応用芸術運動 ―ヴァン・デ・ヴェルデの原始性志向―」
世紀末ベルギーの応用芸術運動を理論的に牽引し、「新芸術」の構想を打ち出したヴァン・デ・ヴェルデは、1894年にビングの「アール・ヌーヴォー」展でフランス国内の反発を呼んだ後、ドイツに活動の場を移していく。彼とフランスのアール・ヌーヴォーを隔てていく根本には、洗練された趣味へのアンチテーゼとなる原始性志向があり、それは特定の国や民族を超えた普遍的なものとして構想されていた。本発表では1890年代のヴァン・デ・ヴェルデの言論と当時の彼の状況から、彼の思想の源泉について考察する。

原野葉子「戦争をよりよく殺すために ―ボリス・ヴィアンと一般意味―」

本発表では「一般意味論」を通じてボリス・ヴィアン(1920?1959)の作家人生の知られざる第二章に光を当て、一見地味な50年代のプレイスタイルを支えていた「科学」の論理と言語観、その射程を探っていきたいと思います。
ヴィアンの20年にも満たない創作活動は、1950年ごろを境にはっきりと二分することができます。小説の執筆に明け暮れた40年代を経て、50年代のヴィアンは鳴かず飛ばずの小説を捨てて舞台へと活動の場を移していったからです。作者の死後、『日々の泡』をはじめとする小説が爆発的な再評価を受けたのに対し、50年代はこれまで二・三の戯曲を除けば不毛の、いわば残りの時代としてとらえられてきました。
とはいえ50年代のコラムやジャズ時評、SF論、未発表草稿、戯曲といった雑多なテクストを横断的に眺めてみるとき、作家が「ことば」という記号のシステムをいかにきびしく問い直していたか、同時代の認識論的限界を打破するための科学的方法論をいかに真摯に構築しようとしていたかが明瞭に浮かび上がってきます。それはおそらく彼が50年ごろから深く傾倒した一般意味論と無縁ではありません。コージブスキーの提唱した非A理論の影響のもとで、ヴィアンにとって最大の敵である戦争もまた「ことば」の問題としてとらえなおされ、戦争への抵抗もまた、ほかならぬ「ことば」の戦いとして組織されてゆくことになるのです。

(なお本発表は2015年日本フランス語フランス文学会で行われた発表をバージョンアップさせたものとなりますことをご了承ください)

このたび、津川廣行先生のご退任と新著『ジイド、進化論、複雑系』(駿河台出版社、2016年)の出版を記念し、書評会を開催します。

日時:2017年3月26日(日)14ー17時
会場:大阪市立大学法学部棟11階 711C室

「晩年のジイド──私はこれが最高のジイドだと言いたい」

本書は「複雑系という視点が、これまでのジイド研究になかった」という「確信」(あとがきより)に基づく、現時点での津川先生のご研究の結実です。本書の内容について、みなさまとともに批評、議論をいたします。書評はそれぞれの評者につき約10分、そしてその書評にかんして、津川先生からご意見やご感想、あるいはご反論をいただくことに約5分を予定しております。評者のあいだでは、役割分担などの打ち合わせは一切しておりません。みなさまからどのような批評が出てくるのかは当日のお楽しみです。前回の、『象徴主義以後──ジイド、ヴァレリー、プルースト──』(駿河台出版社、2006年)の書評会にもまして、賑やかで、充実した会になるのではと思います。
時間に余裕があれば、フロアのみなさまからの書評・コメントもぜひお聞きしたいです。
本書は、「複雑系について何も知らないと見なされた読者に向かって、一から書き起こす丁寧さと、多弁さと、雄弁さと執拗さをもって、ゆっくりと展開されていかなければならない。さらに、知識のうえで「白紙」であるこの読者は、さらには、ジイドと複雑系の関係について懐疑的であるものとして想定」(序文より)されています。著者である津川先生の人柄が伝わる懇切丁寧な解説がなされていますが、それでも今なお「懐疑的」である会員のみなさまのご来場も歓迎いたします。質問はもちろん、感想を著者本人に投げかける絶好の機会です。津川先生から、補足説明をお聞きすることができる貴重な機会でもあります。
なにぶん、司会者を含めて7名で書評いたしますので、フロアのみなさまと質疑応答を行う十分な時間の確保が難しいかもしれません。その場合はなにとぞご容赦いただき、終了後の懇親会にて、ご意見やご感想などを津川先生に直接おっしゃっていただければ幸いです。懇親会は天王寺駅近辺での開催を予定しております。そちらの方にもみなさま奮ってご参加くださいますよう、お願い申し上げます。

司会・コーディネーター 藤本智成

 

28
1月

津川廣行先生最終講義

   Ecrit par : admin   in イヴェント, 研究会・勉強会

今年の春にご定年を迎えられる、本教室の津川廣行教授の最終講義について、下記のとおり開催いたします。

●津川廣行教授 最終講義 「『田園交響楽』から複雑系へ」
日時:2017年2月20日(月)15:00-17:00
場所:大阪市立大学 学術情報総合センター1階 文化交流室
主催:大阪市立大学大学院文学研究科、ドイツ語フランス語圏言語文化学教室

 今年度の大阪市立大学フランス文学会の第2回研究会とシンポジウム、JAZZライヴを3月19日(土)に開催します。
それぞれの時間・会場と、発表の要旨・主旨は下記のとおりです。
  • 10:30-11:30 2015年度総会 会場:1号館3階135教室(エレベーター右隣)
  • 12:30-13:30 研究発表会 会場:1号館3階135教室
  1. 井内亨(大阪市立大学大学院文学研究科前期博士課程)
    「『一斉授業』中に語る学習者たち――協働学習にもとづいてデザインされたフランス語授業を例に――」
    【要旨】
    教師が学習者に学習内容の解説を行うかたちで進行する一斉授業は、いまや批判の対象にあげられることが多いが、一斉授業のなかで学習者たちがどのようにふるまっているのか、どのように学んでいるのかは明らかにされていない。そこで、本発表では、協働学習を中心に据えた授業において成立する一斉授業をビデオ録画し相互行為分析を行った。分析の結果、学習者たちは、教師の発話を「聞く」ことでグループワークをふりかえっていることが明らかとなった。このことから、一斉授業に対して行われる批判である学習者の受動性は、実際にはあてはまらないことが指摘される。
    司会:中條健志
  2. 川北恭子(大阪大学大学院言語文化研究科教授)
    「en tout casについて」
    【要旨】
    現代フランス語における連結詞の基本的機能を検討・考察するにあたって、経験則及び意識化させた推意を介しての分析方法を提示してきた。この分析方法によって、連結詞には推意を介すものと介さないものがあるという点が理解され、類似する連結詞間の差異が明らかになるものと考えられる。本発表では、分析対象としてen tout casを取り上げ、実例を用いてaprès tout, de toute façon, quoi qu’il en soitとの比較対象も交えながら、以下の2点を中心に論じ、その機能を仮説立てたい。?類義語とされるen tout casとde toute façonは推意の介入の有無という観点から考察すれば、類義性が消失する。?この2つは共に日本語に訳す際「いずれにせよ」となる場合が多いが、この「いずれ」の指示対象が明白に異なる。
    司会:久後貴行
      • 14:00-16:30 シンポジウム 会場:田中記念館2階会議室

「遠近法、三単一、主観――表象空間の歴史的変容をめぐって――

【趣旨】
文学研究の直接的な対象ではないにしても、その背景ないし背景の背景とでも言えそうな事柄、たとえば、線遠近法とはどういった意義をもつのか? 西洋史において、時空の再編、主体/主観の生成はどのようになされてきたのか? 三単一に類似の規則が音楽や美術にも見られるというのはどういうことなのか? 時代を通じて表象空間はどのように変容してきたのか? 人体、さらには人間そのものを機械と捉える思考はどこから来たのか? ロココの行き着く先は、なぜあのように淫らになっていったのか?
こういった問いをめぐって、哲学、美学、心理学の専門家であるパネリストを交えて、ご出席いただける方々と共に考えてみたいと思っております。

     ●司会:鈴木田研二(大阪市立大学非常勤講師:十八世紀仏文学)
    1. 基調講演
      ●小林裕史(大阪市立大学非常勤講師:十八世紀仏文学)
      「図像をとおしてたどる表象空間の変遷――ルネサンスからバロック、ロココへ――」
    2. パネルディスカッション
      ●石黒義昭氏(大阪市立大学非常勤講師:美学、芸術学)
      「近代の学としての美学」
      ●天瀬正博氏(奈良女子大学文学部准教授:認知心理学、心理学史)
      ヨーロッパ中世後期から近代に至る時空観念の変化からみた線遠近法」
      ●橋本文彦氏(大阪市立大学経済学研究科教授:科学哲学、行動情報論)
      「時間と空間のパースペクティブ」
  • 16:30-17:20 休憩、軽食ビュッフェ(会費制) 場所:田中記念館1階ホール前ロビー(ホワイエ)
  • 17:30-19:00 JAZZライヴ(カンパ制) 会場:田中記念館1階ホール

出演:平田匠(ピアニスト)
曲目:「フラジャイル」「マイ・フェイヴァリット・シングス」「マイ・ベック・ページ」「ハレルヤ」「ノクターン」「パダム・パダム」「行かないで(Ne me quitte pas)」「Si」

大阪市立大学フランス文学会を下記のとおり開催します。
今回は、ことし3月にご逝去になった本学名誉教授・道宗照夫先生の追悼の会を兼ねております。
—–
日時:2014年9月14日(日)
14h30- 道宗先生追悼の会
15h00- 研究発表会
於:大阪市立大学1号館126教室
—–
研究発表要旨

1. 福島祥行
「協働学習における学習者の自律性生成――相互行為分析による理論化のこころみ――」

「教えから学びへ」のトレンドのもと、「学習者中心」は当然のこととなり、協働学習の実践もふえてきている。しかしながら、その実践をささえる理論的基盤は依然としてヴィゴツキーらにとどまり、学習者がいかに学んでいるかについて厳密に考察した研究は数少ない。本研究では、学習者たちの相互行為をマイクロ分析することにより、これまで指摘されてこなかった学習者のふるまいをあきらかにし、あらたな理論の提出をめざす。今回は、とりわけ「文法事項」がいかにして相互行為裡に学ばれているかを詳述する。

2. 津川廣行
「『新しき糧』にみる「進化」の問題――《来るべき神》の思想を中心に――」

 ジイドの『新しき糧』(1935年刊行) は、雑多な要素からなる統一性のない作品とみなされており、その評価は高くない。19年間のうちの様々な時期にかかれた文からなるこの作品は、『地の糧』風の抒情、『汝も亦』風の祈り、と同時にまた神の価値の切り下げ、青年マルクとの生活の喜び、幸福への賛歌、コミュニズムへの共感といった相矛盾するとさえ見えるような多くの様相を呈している。
 ところで、ジイドは、1916年、1921年そして1942年の『日記』で、発表者が《来るべき神》の思想と呼んでいるコスモゴニックな世界観について述べている。すなわち、?神は、人間を創ったとき、世界がどうなっていくのか見通してはいなかった。?中間段階では、人間こそが、神とともに歩むことによって、自らと神と世界を創りだして行く。?人類は、神自身にさえわからない目標を《神》として到着点へと突き進んでいく、とするものである。遅くとも1916年には始まっていたこの世界観は、『新しき糧』の執筆期間全体を覆っており、実際、作品中でも、これについての言及がなされている。
 この点から検討すると、『新しき糧』の根底をなすのは、人類の「進歩」あるいは「進化」である、と結論することができる。彼が「進化」に「進歩」の期待を込めえたのは、「自然」の調和への賛歌によってである。この観点からすれば、『新しき糧』の抒情も、神への祈りも、神の価値の切り下げも、コミュニズムへの共感も同根のものと見ることができる。自然への信頼と一緒になった人類の進化への期待、これが『新しき糧』の情熱をなす。

15
7月

巴里祭2013

   Ecrit par : admin   in イヴェント

ことしもやります、恒例、仏文巴里祭。

日時■2013年7月16日 12:10- vin 尽きるまで

場所■田中記念館展示室(17h以降、L336)

巴里祭2012

今年度二回目の説明会が、下記のとおり開催されます。

日時:2012年12月1日(土) 14:00-
場所:大阪市立大学杉本キャンパス1号館 124教室
内容:研究科長挨拶、研究科の概要と入試情報、大学院生からのメッセージ、研究科挙げての教育研究の取組、質疑応答、各専修個別説明会

なお、大学院入試は、2012年2月14日・15日に行われます(前期博士課程・後期博士課程)。
大学院の学生募集要項については、下記のページをご覧ください。
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/admissions/graduate/exam_general

16
7月

巴里祭2012

   Ecrit par : admin   in イヴェント

仏文恒例行事、巴里祭は以下の日程にて。

サックス大仏

サックス大仏

日時2012/07/18(水) 12:10-17:00

場所田中記念館展示室

参加資格文学部1回生仏語履修者&仏文関係者

もちこみ歓迎!

14
3月

追いコン2012

   Ecrit par : admin   in イヴェント

以下のとおり追い出しコンパを開催します。

日 2012年3月16日(金)
時間 19:30-21:30(19:20にJR天王寺中央改札口集合)
場所 阿倍野Qs4F イタリアクアトロ
費用 一人3000円
(別途追いコン費用700円もお願いします)

1
11月

Fête d’Halloween 2011

   Ecrit par : admin   in イヴェント

2011/10/31(月)の5限から開催されたM1院生プロデュース「仏文ハロウィン・コスパ」。